最新情報

ホーム

最新情報

ジャクソンファーム&グリル2号店 深川ギャザリア店 3月8日OPEN!



記事詳細

  • 2016 / 02 / 03 ( 水 )
  • ジャクソンファーム&グリル2号店 深川ギャザリア店 3月8日OPEN!

2015年秋に新ブランドとしてデビューした

ステーキ&グリル業態 Jackson Farm & Grill(ジャクソンファーム&グリル)

2号店を東京都江東区木場の深川ギャザリア・レストランゾーン2Fに

2016年3月上旬にOPEN!致します。

Jackson Farm & Grill HP➡www.cyp-jp.com/store/jackson.html

深川ギャザリアは東京都江東区木場一丁目にある、

オフィスビルを中心とした施設で敷地内には都内有数の大型GMSイトーヨーカ堂もございます。

深川ギャザリアHP➡www.gatharia.jp/

 

Jackson Farm & Grill

Jackson Farm & Grill

『カジュアルリッチな街の洋食屋さん』をコンセプトにステーキ・グリル&カフェメニューを提供致します。

【こだわりの厳選した食肉を提供】

■ビーフ
アメリカ産黒毛牛「CAB基準」のアンガスビーフ

「CAB基準」とは・・・

① 成熟度は「A」9~30ヶ月齢。
② 脂肪交雑が「Modest制度」か、それ以上。
③ キメが「中」~「細かい」で霜降り状態であるか。
④ USDAの歩留まり等級が「3」
⑤ 肉付き特性が「適度に厚い」か、それ以上か。
⑥ 肩のコブが約5cm以下か。
⑦ ロース芯に内出血はないか。
⑧ カット面に黒積みがないか。

この8項目の認定基準に合格できるのは、全体の約7%といわれている。それだけに、CABの基準は厳しい。
従ってその品質は保証されており、安心して提供が可能。
しかしながら全体の7%という非常に希少な牛肉を安定的に供給するのは困難とされる。が、今回弊社の業態開発に参加して頂いた大手食肉メーカーと全面協力を得て安定供給を可能に致しました。

■ポーク
銘柄ポークの岩中豚

月刊誌『料理王国』の特集 “究極の旨い豚肉”

―東西シェフ105人に聞いた、今、使っている旨い豚肉ベスト5―において、岩中豚が第2位として掲載された。
東京食肉市場銘柄豚協会より銘柄豚生産の一団体と指定されている有限会社ケイアイファウム産を使用します。
『岩中豚』の特徴 赤肉中のビタミンE含量が一般品より3倍多く、冷蔵庫保存中のドリップロスが一般銘柄品と比較して少ない。

明度を維持できるので退色が少なく鮮やかな色を保てます。純白で適度なしまりの脂肪を作り、まろやかなうまみを引き出します。SPF豚農場認定制度を取得しています。すべての生産農場の、設備管理方法に厳しい基準を設け、これらすべてクリアした農場のみを認定、一年ごとに厳重な更新審査が行われ、国産SPF豚肉の安全・安心をお届けする制度でSFP認定豚は『豚の発育を妨げる特定病原菌がいない』健康に育った豚肉です。

■チキン
国産鶏肉桜姫鶏

大手食肉メーカー直営の養鶏農場より出荷されます。健康な鶏を育てることは何より防疫体制を作ることから始まり、
鶏舎へは限られたスタッフしか入舎できません。ヒヨコを卵からかえし、出荷まで約50日。
全てのスタッフは緊張の連続で大切ないのちをムダにすることなく健康な鶏をお客様までお届けするまでを、
強い決意でスタッフ一人ひとりが鶏たちを見守り育てています。

『桜姫鶏』の特徴透明感のある桜色で脂の白さは他の養殖鶏とは一味違い、鶏独特の臭みが少なく植物性主体のエサを与えています。また健康と美味しさを追求した結果、エサにビタミンEを加え、他養殖鶏に比べビタミンEが3倍以上※です。

※日本食品標準成分表2010数値比較

■オーガニック野菜
産地にこだわったオーガニック野菜のサラダバー

安心安全はもとより、農業女子が生産した国産100%の野菜を使用した食べ放題のサラダバーを併設。
定番野菜はクオリティにこだわり、季節ごとに珍しい西洋野菜も定期的に美味しい食べ方で提供致します。

お近くの「Jackson Farm & Grill」

イオンレイクタウンkaze店 埼玉県越谷市 レイクタウン4丁目2番地2
イオンレイクタウンkaze 3F
Tel:048-990-3656  

ページトップ